社会主義の誤解を解く 薬師院仁志著

社会主義の誤解を解く 薬師院仁志著

社会主義といえば、マルクスやレーニン、旧ソ連などを思い出す人が多いだろう。しかし、社会学者である著者は、彼らの思想だけが社会主義ではないし、その中身は多様なのだと説く。さらに日本では、社会主義=悪という偏向した考え方も残っているが、欧州では社会主義政党が健在である。誤解を解くことを目的に、客観的で中立的な立場から社会主義を理解することを目指して書かれている。

社会主義の真の理念や社会主義と共産主義の違い、日本の左派政党の存在意義などを丁寧に解説。社会主義がどのような歴史的文脈の中で生まれ、何を問題にし、何を解決することで人類の幸福を目指したのか、具体的な出来事を視野に入れながら探る。

光文社新書 903円

  

関連記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。