人気で切符入手難「ラオス鉄道」誰が乗っている? 中国「ゼロコロナ」政策転換でさらに増えるか

拡大
縮小
ラオス中国鉄道 CR200J型
ビエンチャン郊外を行くラオス・中国鉄道のCR200J型車両(筆者撮影)
この記事の画像を見る(34枚)

中国の「一帯一路政策」のもと、2021年12月に開業したラオス・中国鉄道(LCR)の輸送量は旅客・貨物共に着実に利用実績を伸ばしている。2023年2月1日には中国側の報道で、利用者数が1000万人を突破したと報じられた。

これはラオスの人口(約734万人)を上回る数値であり、そんなに利用者がいるわけがないと思われるかもしれない。実はこの統計にはからくりがあり、ビエンチャン―昆明間トータルの「中老鉄路」の利用者数、つまり中国側の利用者を含んだ数である。

ただ、開業10カ月時点での日本貿易振興機構のレポートでも、「ラオス区間の旅客数(90万人)は決して少ないとはいえない。734万人のラオスと4721万人の雲南省の人口比で単純に比較しても、立派な実績だ」と評価されている通り、ラオス側だけを見ても需要予測以上の伸びを示している。先般、LCRに乗車する機会を得たが、やはりチケットが取れないほどの盛況ぶりだった。実際に誰がそんなに乗っているのか。ラオス・中国鉄道を取り巻く風景と共にレポートする。

田舎駅が物流の拠点に

筆者は2022年10月、タイから陸路でラオス入りした。タイの首都バンコクから、寝台特急やバスでラオス国境に向かえば1000バーツ(約3870円)前後。座席の快速列車なら300バーツ(約1160円)もあればラオス国境の街、ノンカイに到達できる。どちらも仏教国ということもあり、タイにとって、ラオスは気軽に訪れることのできる隣国だ。

ノンカイからも鉄道で、高速鉄道開業前にはラオス唯一の鉄道駅であったタナレーン駅に向かった。10年ほど前に訪れたときには、どうしてここに駅があるのか?というくらい、荒野にぽつりと佇む田舎駅だったが、現在は駅舎と反対側にドライポート(物流拠点)が建設され、トレーラーがひっきりなしにゲートを出入りしている。駅の終端はかつて、小高い丘に遮られる形で線路が途切れていたが、その丘は跡形もなくなっており、線路はさらに延びている。

ノンカイから到着した国際列車
タイのノンカイから到着した2両編成の国際列車。貨物車両を連結することもあるため、大型機関車が充当されている(筆者撮影)
次ページ貨物列車はさらに先まで
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT