ビジネスチャンスはシェアによって4倍に--『これからの日本のために「シェア」の話をしよう』を書いた三浦展氏(消費社会研究家)に聞く

ビジネスチャンスはシェアによって4倍に--『これからの日本のために「シェア」の話をしよう』を書いた三浦展氏(消費社会研究家)に聞く

「シェア型」が消費に取り込まれ、経済を新たな方向に拡大する力を持ち始めた。そのトレンドの主役は「ポストフェミニズム」の働く女性だという。

──若者の「物離れ」が喧伝されています。

若者が物を買わないといわれ始めたのは10年前ごろのはず。当時書いた本で、「脱私有」と言った。そこでは共同消費の意味の「共費」という言葉も使っている。ただ、その概念を前面に打ち出すにはまだ早すぎると思った。それが、ここ1~2年で注目され出した。そういう消費の変化が「物離れ」に作用している。

消費や私有(私だけの物を持つ)は、楽しかったり、うれしかったり、さらには幸せと感じるからする。もちろん今も、誰もが幸せになりたいと思っている。だが、それが消費や私有とは結び付きにくくなった。物を持つにも、これは私有、これは共有、これはレンタルでいいと判断。またこれは共同利用のほうが楽しい、といった具合に仕分けして行動する。

──ただ買うだけではない?

そう。供給側も私有一辺倒を前提に売ったり、作ったりできなくなった。x軸に所有と利用、y軸に私有と共有(公有)をプロットした4象限の図を作れば、従来は私有の第1象限のみだったのが、それぞれの象限での形態ができた。逆に言えば、ビジネスチャンスは4倍になっているという言い方もできる。つまりは「シェア型」経済を知らなければ、現代のビジネスパーソンとはいえなくなった。

──なぜシェア型は拡大しているのですか。

基本的には、物をたくさん買いたいと思わなくなったことがある。私生活主義、砕いていえばマイホーム、マイカー、私の部屋、そして物をたくさん買い込むというのでは、少子高齢社会に対応できないことは皆うすうす感じている。親の介護をはじめ、これからすべきことがいろいろ見えているのに、そのままで生活がうまくいくのか、幸せになれるのか、さらに安心できるのか。できないことがわかってきた。それに雇用の悪化もある。それなら、シェアがいい、と。シェアだけですべてが解決できるとは思わないが、それがシェア型の隆盛に反映している。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT