シリコンバレーが「お〜いお茶」に惚れたワケ

緑茶が担う新たな世界的役割とは?

エバーノートで行われた社員へのインタビュー。国際色豊かなメンバーが語る緑茶の魅力、文化の伝わり方は、社員同士でも議論が白熱した。

社員に無料で振る舞われるランチに舌鼓を打ちながら、エバーノートの国際色豊かな社員と交流し、オフィス内での緑茶を含む食のトレンドとその広まり方、あるいは働き方について、直接質問し、意見を交わした。

シリコンバレーなので、もちろん日本語は通じない。そこで、特派員たちは、質問をあらかじめ英語で用意してたずねたり、フリップを用意して回答してもらったり、工夫を凝らしながらコミュニケーションを取る様子が印象的だった。

質問をする特派員たち

中には、中国式のティーセレモニーを社内の自分のデスクで行っている社員もいた。他の社員は、彼が作法を含めて実演し、会話をしながら楽しむことによって、お茶の文化が好きになったと話す。こうしたコミュニケーションによる食文化の伝搬については、日本からのメンバーも共感を深めていた。

また、クリエイティブさを保つ秘訣について、「ゴールを明確にすること」が、最も重要なきっかけになるとの指摘に、納得していたメンバーも多かったようだ。

伊藤園は、今回のエバーノートとのコラボレーションを、国内外に拡げていく考えだ。ツアーでも、実際にシリコンバレーで緑茶が楽しまれている現場に触れると同時に、現地の人たちとの直接の対話が非常に重要だった。

メンバーは、日本のお茶の広まりやシリコンバレーそのものについての見聞を広めるだけでなく、ゴールの明確化やデザイン、新しい働き方などから多くの刺激を受ける事ができた、と感想を語る。

次ページ緑茶の新たな定義を世界に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

東洋経済education×ICT