「来ちゃった」 酒井順子著

「来ちゃった」 酒井順子著

書名は、宿願の地にとうとうやってきた、ということ。個性的な旅38回のエッセーは、どれも行き先と目的がユニークで観光名所はほとんどない。もっぱら列車に乗っての居眠り自在の気楽な旅が、いったん下車すれば参加型、体験型の気楽とは言いがたい旅に一変する。沖縄の多良間島、琵琶湖北岸、宮崎の椎葉村、福島・土湯、同いわき、宮城県田代島など地名を聞いてもぴんとこない所が大半だが、猫だらけの島、廃線の跡、箱蒸し風呂、キノコ狩りなどなど、旅の目的が多様で面白い。

場所と目的の意外性に読み手の波長が合えば、どの旅も十分楽しめるだろう。スローな文体と柔らかなイラスト(ほしよりこ)のおかげで、スローな旅の味わいを実感させられる。ツアー旅行とは対極にあるこんな旅にいざ自分も、と思っても容易ではなかろうが、本で楽しむだけというのも悪くない。しかも随所に出てくる満載のイラストも臨場感十分に堪能できる。(純)

小学館 1470円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?