通貨戦争 影の支配者たちは世界統一通貨をめざす 宋鴻兵著/橋本碩也 監訳/河本佳世訳 ~陰謀史観に基づく国際銀行家史

通貨戦争 影の支配者たちは世界統一通貨をめざす 宋鴻兵著/橋本碩也 監訳/河本佳世訳 ~陰謀史観に基づく国際銀行家史

評者 奥村 宏 会社学研究家

 世界を動かしているのはユダヤ人を主力とする国際的な銀行家たちである、という考え方から、1723年から約300年の歴史を振り返り、そこで力を振るった17の主要銀行家一族の相関関係をパノラマ図のように描いている。

前著『ロスチャイルド 通貨強奪の歴史とそのシナリオ』に続くこの本では、陰謀史観に基づいて、さまざまな政治、経済、そして国際的な事件をドイツ、英国、フランス、そして米国について詳しく書く。

重大な事件の裏には必ずといっていいほど銀行家がいて、国の外交関係も彼らが動かしているというわけだ。

ただ、20世紀になって、このような銀行家たちに対する風当たりが強くなり、第1次世界大戦後、国際銀行家たちは公の場から姿を消し、財団が前面に出て、これが株式支配権を行使するようになったという。

しかし、この財団を支配しているのは同族ファミリーだから、銀行家による支配には変わりない。このように歴史が国際銀行家、すなわち大金持ちの個人資本家によって動かされているというふうにとらえるのが陰謀史観であるが、中国ではこのような考え方に変わらず人気があるようである。

しかし、これでは独占資本としての株式会社がもっている力を見損なうことになるのではないか。

現在のウォール街を支配しているのは、創業者一族の資本家ではなく、株式会社としてのゴールドマン・サックスであり、モルガン・スタンレーであり、それを動かしているのは経営者たちである。このことは、本書でグリーンスパンについて書かれているところにも当てはまる。

ただし中でも、サブタイトルにある世界共通通貨について書かれているところは興味深い。

宋 鴻兵
中国の環球財経研究院院長。1968年中国四川省生まれ。遼寧省瀋陽市の東北大学卒。米アメリカン大学で修士号取得。2002年より米国のファニーメイとフレディマックでコンサルタントを務め、07年中国に帰国。08年より現職。

武田ランダムハウスジャパン 2205円 482ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT