日本郵政が、被災地に移動郵便局【震災関連速報】

日本郵政が、被災地に移動郵便局【震災関連速報】

日本郵政グループは、東北地方の支援策として移動郵便局、移動郵便車を相次いで被災地域に投入する。すでに、移動郵便局4台のうち、2台を石巻、仙台に投入した。

このうち、石巻の中里小学校では21日11時から営業を開始。貯金通帳がなくても本人確認さえできれば20万円までの貯金の払い出しに応ずる非常取り扱い制度の利用は1日だけで35件、600万円あった。 今後、被災者の精神的な落ち着きが広がったり、地域の復旧が進捗したりすれば、被災者の現金需要が拡大することが予想される。

一方、郵便事情も厳しい状況にある。そこで、日本郵政グループは近く、移動郵便車の投入も決定した。全国から同車11台を東京・新橋に集結し、速ければ23日にも被災地に向けて出発する予定だ。
(浪川 攻=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。