日本郵政が、被災地に移動郵便局【震災関連速報】

日本郵政が、被災地に移動郵便局【震災関連速報】

日本郵政グループは、東北地方の支援策として移動郵便局、移動郵便車を相次いで被災地域に投入する。すでに、移動郵便局4台のうち、2台を石巻、仙台に投入した。

このうち、石巻の中里小学校では21日11時から営業を開始。貯金通帳がなくても本人確認さえできれば20万円までの貯金の払い出しに応ずる非常取り扱い制度の利用は1日だけで35件、600万円あった。 今後、被災者の精神的な落ち着きが広がったり、地域の復旧が進捗したりすれば、被災者の現金需要が拡大することが予想される。

一方、郵便事情も厳しい状況にある。そこで、日本郵政グループは近く、移動郵便車の投入も決定した。全国から同車11台を東京・新橋に集結し、速ければ23日にも被災地に向けて出発する予定だ。
(浪川 攻=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自分史上最高のカラダに!本気の肉体改造メソッド
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT