日本郵政が、被災地に移動郵便局【震災関連速報】

日本郵政が、被災地に移動郵便局【震災関連速報】

日本郵政グループは、東北地方の支援策として移動郵便局、移動郵便車を相次いで被災地域に投入する。すでに、移動郵便局4台のうち、2台を石巻、仙台に投入した。

このうち、石巻の中里小学校では21日11時から営業を開始。貯金通帳がなくても本人確認さえできれば20万円までの貯金の払い出しに応ずる非常取り扱い制度の利用は1日だけで35件、600万円あった。 今後、被災者の精神的な落ち着きが広がったり、地域の復旧が進捗したりすれば、被災者の現金需要が拡大することが予想される。

一方、郵便事情も厳しい状況にある。そこで、日本郵政グループは近く、移動郵便車の投入も決定した。全国から同車11台を東京・新橋に集結し、速ければ23日にも被災地に向けて出発する予定だ。
(浪川 攻=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?