羽生結弦選手、SP首位で連覇へ好発進

昨年に続き世界選手権2連覇なるか

3月27日、フィギュアスケートの世界選手権、男子SPで昨年の同大会覇者羽生結弦は95.20点をマークし、連覇へ向けて好発進した(2015年 ロイター/Aly Song)

[27日 ロイター] - フィギュアスケートの世界選手権は27日、上海で男子ショートプログラム(SP)を行い、昨年の同大会覇者羽生結弦は95.20点をマークし、連覇へ向けて好発進した。

小塚崇彦は70.15点で19位、無良崇人は64.93点で23位だった。日本の3選手はいずれも28日に行われるフリーに進出した。

ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が92.74点で2位、デニス・テン(カザフスタン)が85.89点で3位につけた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT