羽生結弦選手、SP首位で連覇へ好発進

昨年に続き世界選手権2連覇なるか

3月27日、フィギュアスケートの世界選手権、男子SPで昨年の同大会覇者羽生結弦は95.20点をマークし、連覇へ向けて好発進した(2015年 ロイター/Aly Song)

[27日 ロイター] - フィギュアスケートの世界選手権は27日、上海で男子ショートプログラム(SP)を行い、昨年の同大会覇者羽生結弦は95.20点をマークし、連覇へ向けて好発進した。

小塚崇彦は70.15点で19位、無良崇人は64.93点で23位だった。日本の3選手はいずれも28日に行われるフリーに進出した。

ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が92.74点で2位、デニス・テン(カザフスタン)が85.89点で3位につけた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。