羽生結弦選手、SP首位で連覇へ好発進

昨年に続き世界選手権2連覇なるか

3月27日、フィギュアスケートの世界選手権、男子SPで昨年の同大会覇者羽生結弦は95.20点をマークし、連覇へ向けて好発進した(2015年 ロイター/Aly Song)

[27日 ロイター] - フィギュアスケートの世界選手権は27日、上海で男子ショートプログラム(SP)を行い、昨年の同大会覇者羽生結弦は95.20点をマークし、連覇へ向けて好発進した。

小塚崇彦は70.15点で19位、無良崇人は64.93点で23位だった。日本の3選手はいずれも28日に行われるフリーに進出した。

ハビエル・フェルナンデス(スペイン)が92.74点で2位、デニス・テン(カザフスタン)が85.89点で3位につけた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • インフレが日本を救う
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。