イエメンで自爆攻撃、少なくとも137人が死亡

自爆攻撃の実行犯は4人

3月20日、イエメンの首都サヌアで2カ所のイスラム教礼拝施設(モスク)で自爆攻撃事件があり、これまでに少なくとも137人の死亡が確認された。写真は自爆攻撃を受けたモスクから抱いて運ばれる負傷した少女(2015年 ロイター/Khaled Abdullah)

[サヌア/アデン(イエメン) 20日 ロイター] - イエメンの首都サヌアで20日、2カ所のイスラム教礼拝施設(モスク)で自爆攻撃事件があり、これまでに少なくとも137人の死亡が確認された。背後には過激派組織「イスラム国」がいるとの見方も出ているが、米ホワイトハウスはイスラム国との関連は確認できていないとしている。

攻撃を受けたのはイスラム教シーア派の武装組織「フーシ派」の支持者も利用するモスク。自爆攻撃の実行犯は4人で、金曜日の礼拝のために多くの人が訪れていたモスク内部とその周辺が狙われた。

国営メディアによると、負傷者の数は357人に上っている。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT