「専門職エリート」が現代の「支配階級」である理由 「保守」サイドからの「アメリカ階級社会」批判

拡大
縮小
星条旗とアメリカ地図と悩んでいる人
アメリカの「分断」を読み解く鍵を探ります(写真: RichR/PIXTA)
グローバル化の問題点は「新しい階級闘争」を生み出した。新自由主義改革のもたらした経済格差の拡大、政治的な国民の分断、ポリティカル・コレクトネスやキャンセルカルチャーの暴走である。
アメリカの政治学者マイケル・リンド氏は、このたび邦訳された『新しい階級闘争:大都市エリートから民主主義を守る』で、各国でグローバル企業や投資家(オーバークラス)と庶民層の間で政治的影響力の差が生じてしまったことがその要因だと指摘している。
私たちはこの状況をいかに読み解くべきか。『アメリカ保守主義の思想史』などの著書でも知られる井上弘貴・神戸大学大学院教授が『新しい階級闘争』をもとに解説する。

非大卒の白人が支持する共和党

事前の大方の予想に反して、2022年のアメリカ中間選挙での共和党の勝利は小幅で限定的なものになった。フタを開けてみれば共和党は下院では多数派を握ったものの、上院では民主党の優位を引き続き許す結果となった。トランプが推した候補者たちの選挙結果はお世辞にも好調とは言えず、選挙後にトランプは出馬を表明したが、2024年の大統領選挙にむけて共和党の候補者レースの先行きは、まだまだ不透明である。

新しい階級闘争: 大都市エリートから民主主義を守る
『新しい階級闘争: 大都市エリートから民主主義を守る』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

この状況下でも、共和党への安定的な支持層を形成した人びとがいる。それは大卒ではない白人たちだ。白人有権者に限れば、民主党を支持するのは大卒あるいはそれ以上の学歴の人びとであり、共和党は今や非大卒の支持によって成り立っているのが実際である。どうしてこうなってしまったのか。

アメリカ政治の今と白人有権者の動向を読み解く鍵は、高学歴エリート階級と労働者階級の分裂という状況にある。翻訳刊行されたマイケル・リンドの『新しい階級闘争』が歴史的に描いてみせるのは、1970年代からアメリカで起きてきたネオリベラルな上からの改革と、それによって生じた新しい形態の階級分裂という絵図である。

リンドに言わせれば、アメリカにしてもヨーロッパにしても、ポピュリズムと呼ばれてきた政治のうねりはあくまでも結果であって、不穏な今日の社会の原因ではない。背後にある本当の原因は、かつてつくられた階級間の宥和を自分たちに有利なように破壊したテクノクラート新自由主義であり、なによりも、その主義を体現する専門職のエリートたちという現代の支配階級である。

次ページネオコンから「ラディカルな中道」へ
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT