大局観 自分と闘って負けない心 羽生善治著

大局観 自分と闘って負けない心 羽生善治著

将棋には「着手をする前に四つの香車を確認しなさい」という言葉がある。棋士は対局中、駒がぶつかっているところや、相手の指してきたところに視線が行きがちになるため、将棋盤の四隅に配されている香車を確認して盤の全体を見よというものだ。つまり、部分だけにとらわれることなく、大局的なモノの見方が重要なのである。

棋士生活25年と満40歳の区切りに本書を著したと語る著者だが、タイトルを『大局観』としたところに、現在の将棋に対する姿勢が表れている。視野を広げリスクを軽減する方法、どう感情をコントロールするか、集中力の高め方など、これまでの蓄積から身に付けた極意を惜しげもなく披露している。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • 就職四季報プラスワン
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。