大局観 自分と闘って負けない心 羽生善治著

大局観 自分と闘って負けない心 羽生善治著

将棋には「着手をする前に四つの香車を確認しなさい」という言葉がある。棋士は対局中、駒がぶつかっているところや、相手の指してきたところに視線が行きがちになるため、将棋盤の四隅に配されている香車を確認して盤の全体を見よというものだ。つまり、部分だけにとらわれることなく、大局的なモノの見方が重要なのである。

棋士生活25年と満40歳の区切りに本書を著したと語る著者だが、タイトルを『大局観』としたところに、現在の将棋に対する姿勢が表れている。視野を広げリスクを軽減する方法、どう感情をコントロールするか、集中力の高め方など、これまでの蓄積から身に付けた極意を惜しげもなく披露している。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。