大局観 自分と闘って負けない心 羽生善治著

大局観 自分と闘って負けない心 羽生善治著

将棋には「着手をする前に四つの香車を確認しなさい」という言葉がある。棋士は対局中、駒がぶつかっているところや、相手の指してきたところに視線が行きがちになるため、将棋盤の四隅に配されている香車を確認して盤の全体を見よというものだ。つまり、部分だけにとらわれることなく、大局的なモノの見方が重要なのである。

棋士生活25年と満40歳の区切りに本書を著したと語る著者だが、タイトルを『大局観』としたところに、現在の将棋に対する姿勢が表れている。視野を広げリスクを軽減する方法、どう感情をコントロールするか、集中力の高め方など、これまでの蓄積から身に付けた極意を惜しげもなく披露している。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT