W杯、NHKの森保監督インタビューに感じた違和感 ABEMAに視聴者を取られた?

拡大
縮小
森保一監督(写真:週刊女性PRIME)
この記事の画像を見る(6枚)

サッカー日本代表の歴史的“大金星”だ。ワールドカップ(以下、W杯)カタール大会で強豪がひしめく“死のグループE”にて、初戦のドイツ戦に2対1で勝利し、見事に勝ち点3を手にしたのだ。

「2大会連続の決勝トーナメント進出にグッと近づきました!」と興奮するのはスポーツ紙・サッカー担当記者。

W杯の本気舞台でドイツに勝ったという事実

「親善試合でもないW杯の本気舞台でドイツに勝ったという事実が、日本代表の真の強さを物語っています。かつて代表を牽引した中田英寿や本田圭佑といった絶対的大黒柱がいないとされる現代表ですが、選手、監督を含めたチーム全員が一丸となって勝ち取った試合でした。

特に就任当初より、戦術や采配をめぐって批判の的となっていた森保一監督には、ネット上で早くも“ごめんなさい”の大合唱が起きていますよ(笑)」

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

同点ゴールを決めた堂安律選手、その攻撃の起点となった三苫薫選手と南野拓実選手。そして値千金の決勝ゴールを決めた浅野選手と、“ドーハの奇跡”を演出したのは、森保監督が後半から送り出した“リザーブ”選手たち。

「森保さんも28年前に“ドーハの悲劇”のピッチにいた、カタールの地は特別な思いを持っている1人。まるで、当時のキャプテンだったラモス瑠偉さんが常日頃口にしていた“気持ち”を入れられたように、後半に入って選手の動きがグッと良くなった印象。

おそらくは前半終了後のロッカールームで、森保監督が選手たちにゲキを飛ばしたのでしょう」(前出・記者)

次ページハーフタイムに突然の監督インタビュー
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT