トヨタが27兆円の金融資産を抱えている理由

自動車以上に効率的なビジネスのカラクリ

「顧客への重要な付加価値サービス」だという趣旨は、2005年3月期の有価証券報告書から多少の文言の違いはあれ、2014年3月期まで一貫して記載がある。一方、ホンダと日産の有価証券報告書には、これらに類似や該当する記載がない。

もちろんホンダと日産が顧客に対する金融サービスの提供を軽視していることはないであろう。その証拠にホンダも日産も総資産の約半分が金融資産である。しかしトヨタのように10年間一貫して、資金を提供する能力が重要な付加価値サービスと有価証券報告書に記載し続けることに、トヨタの金融事業にかける意気込みがあると見て取れるのだ。

自動車販売と金融商品は相性がいい。自動車を現金で一括購入する人は決して多くはない。個人ならローンを組んで買ったり、法人が購入者ならリース契約をする例も少なくない。この時には、自動車ローンやリースの他に自動車保険の提案もできる。トヨタにはクレジットカード事業もある。つまり、トヨタ系販社が自動車の販売をきっかけとして、さまざまな金融商品の販売や提案につなげる。そのためにトヨタは金融資産をたくさん持っている側面がある。

金融事業の営業利益率は10年で倍増

トヨタの金融事業は収益性も高い。自動車事業と金融事業の売上高営業利益率を見てみよう。2014年3月期では、自動車事業が8.8%に対し、金融事業は20.6%と高い。これが10年前の2002年3月期では、自動車事業が7.4%、金融事業は9.9%だった。

金融事業の収益性が上がったのには2つの理由が考えられる。一つはトヨタ自身の資金調達コストが低いこと。ムーディーズなどの格付会社の格付もほぼ日本国債と同様の評価である。資金調達コストが低く、いわばお金を安く仕入れることにより、金利競争でも優位に立っていると考えられる。

もう一つは営業努力であろう。金融事業の営業利益は2002年3月期は686億円にすぎなかったが、2014年3月期には2948億円と約4.3倍にまで拡大した。一方の自動車事業は、1兆0845億円から1兆9387億円と約1.8倍に広がったが、金融事業ほどの伸びではない。

ただ、資産運用効率でいえば、自動車事業の方が圧倒的に優れている。代表的な指標である売上高を総資本(総資産)で割って求める「総資本回転率」を見てみよう。自動車事業では、1.04回に対し、金融事業は0.07回。つまり、圧倒的に資産を効率的に運用しているといえる。それでもトヨタが金融事業に注力する背景には、自動車事業における激しい国際競争がありそうだ。自動車販売を通じて周辺サービスに力を入れることで、利益を稼ごうという方針なのかもしれない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT