年末年始に向けて体をリセットする3つの食事術 面倒なことは考えず「食べない時間」を増やす

拡大
縮小
「16時間断食」は、体のメンテナンスを両立させるダイエット法です(写真:lightsource/PIXTA)
リモートワークで家にいるうちに運動不足で体重が増えて、さらに今年は久しぶりに忘年会の予定も入ってきた――と、年末年始を控え、食べ過ぎ・飲みすぎの警戒アラートが鳴っているという人も多いでしょう。1日のうち16時間は何も食べない、あとは自由に飲み食いしていいという 「16時間断食」のメソッドを実践し、1年で40キロやせたという小堀智未さんと16時間断食の提唱者である青木厚医師の共著『98キロの私が1年で40キロやせた 16時間断食』より、 ダイエットと体のメンテを両立させる方法を一部抜粋・再構成してお届けします。

アンチエイジングの決定打「16時間断食」

ポイント1)面倒なことは考えない、ただ食べない時間を増やす

小堀さんが実践しているのは「16時間断食」です。従来のような「食べものの内容を制限する」食事法ではありません。

「16時間断食」とは、「食べない時間を増やす」食事法なのです。

ダイエットのみならず、美容と健康、アンチエイジングの決定打として、「16時間断食」は、近年、世界の医学界で注目されています。そもそもは、2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した「オートファジー」研究をきっかけに、大ブームになりました。

メインルールはただ一つ。「16時間連続して、何も食べない時間を作る」こと。これを実践するだけで、自然に食べすぎを防ぐことができます。

次ページさらに体内では
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT