0.809マイクロシーベルトで、どれだけ「がん」になるか?

福島第1原発の事故の影響で、大気中の放射線量が通常レベルを超えている、と各地で報告されている。問題となった3号機建物周辺では1時間当たり400ミリシーベルト(1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルト)、東京都内でも通常時の平均値を上回る0.809マイクロシーベルトなど。だが、この分量は果たしてどれほど人体に影響するのだろうか。
 
 科学雑誌ニュートンが、放射線の影響を解説した過去の記事を自社ウェブサイトに再掲している。自然にがんになる可能性と放射性の影響を比較するなど、説明は明解だ。

記事は以下より。
http://www.newtonpress.co.jp/newton/radiation/pdf/Newton_radiation.pdf

(注・記事は「Newton 2008年10月号」に掲載された記事の再掲載であり、今回の事故を受けて執筆されたものではありません)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT