0.809マイクロシーベルトで、どれだけ「がん」になるか?

福島第1原発の事故の影響で、大気中の放射線量が通常レベルを超えている、と各地で報告されている。問題となった3号機建物周辺では1時間当たり400ミリシーベルト(1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルト)、東京都内でも通常時の平均値を上回る0.809マイクロシーベルトなど。だが、この分量は果たしてどれほど人体に影響するのだろうか。
 
 科学雑誌ニュートンが、放射線の影響を解説した過去の記事を自社ウェブサイトに再掲している。自然にがんになる可能性と放射性の影響を比較するなど、説明は明解だ。

記事は以下より。
http://www.newtonpress.co.jp/newton/radiation/pdf/Newton_radiation.pdf

(注・記事は「Newton 2008年10月号」に掲載された記事の再掲載であり、今回の事故を受けて執筆されたものではありません)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?