0.809マイクロシーベルトで、どれだけ「がん」になるか?

福島第1原発の事故の影響で、大気中の放射線量が通常レベルを超えている、と各地で報告されている。問題となった3号機建物周辺では1時間当たり400ミリシーベルト(1ミリシーベルトは1000マイクロシーベルト)、東京都内でも通常時の平均値を上回る0.809マイクロシーベルトなど。だが、この分量は果たしてどれほど人体に影響するのだろうか。
 
 科学雑誌ニュートンが、放射線の影響を解説した過去の記事を自社ウェブサイトに再掲している。自然にがんになる可能性と放射性の影響を比較するなど、説明は明解だ。

記事は以下より。
http://www.newtonpress.co.jp/newton/radiation/pdf/Newton_radiation.pdf

(注・記事は「Newton 2008年10月号」に掲載された記事の再掲載であり、今回の事故を受けて執筆されたものではありません)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT