ブラザー、英社買収1890億円は適正価格か

産業用印刷機メーカーに巨費を投じる狙い

名古屋市内にあるブラザー工業の本社。今回、英社買収に1890億円を投じることを決めた

同社史上最高額、売上高の4分の1に匹敵する買収金額は、はたして正解なのか――。

ブラザー工業は3月11日、英国の産業用印刷機器メーカー、ドミノ・プリンティング・サイエンシズを買収すると発表した。すでにドミノ社の全取締役の賛同を得ており、今後は英国法の買収手続きにのっとって、同社株主の決議と英国裁判所の承認を得ていくという。

ドミノ社は1978年の創業。ペットボトルや医薬品の包装、金属や樹脂の部品などに賞味期限やロット番号、製造所記号などを印字する「コーディング・マーキング」という分野のほか、商品パッケージへのデジタル印刷などの機器・サービスを世界的に展開している。

2014年10月期の売上高は約3.5億ポンド(約640億円)、営業利益が約5600万ポンド(約102億円)。ドミノ社を傘下に加えることで、ブラザーは産業用印刷事業やデジタル印刷に進出。中長期目標として掲げる売上高1兆円に一歩近づくことになる(2015年3月期は7100億円見込み)。

発表翌日の株価は反落

画像を拡大
ドミノ社は部品などに番号を印字する「コーディング・マーキング」に強みを持つ

ただ、買収を発表した翌12日、ブラザーの株価は前日比5.7%減と反落。日経平均株価が約15年ぶりの高値を更新する中、東証1部銘柄では3番目の値下がり率となった。株式市場が厳しい評価を下した理由は買収価格だ。

買収総額は約10.3億ポンド(約1890億円)。資金は手元の現金と金融機関からの借り入れによって充当する。ブラザーは2016年3月期を最終年度とした中期計画の中で、成長戦略のM&A投資枠として1500億円を用意していたが、それを上回る大型投資となる。

次ページブラザーはどんな成長の画を描くのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT