リコーはなぜ「三愛水着」を今、手放すのか

ワコールへの事業売却で70年の"蜜月"に幕

2015年三愛水着イメージガールの朝比奈彩さん。過去には山本梓さんや木下優樹菜さんなどを輩出した(三愛提供)

三愛といえば、水着ショップ「三愛水着楽園」や、山本梓さん、木下優樹菜さんといったアイドルを輩出した「三愛イメージガール」で有名な企業。そんな同社の看板である水着事業と下着事業が4月、下着メーカー大手のワコールホールディングスに売却されることになった。ワコールが1月22日に発表した。

このほかにも、大型小売店の三愛銀座本店を西銀座デパートに、婦人服事業を同業のアイリンに、それぞれ事業譲渡する。三愛の本社機能はワコールに吸収され、企業としての三愛に残るのはテナント運営している神戸の1店舗のみ。事実上の三愛売却になるが、その実質的な売り手となったのが複合機大手のリコーである。

水着の三愛とオフィス用事務機器のリコー、一見まったく接点がない2つの会社。だが両社の間には、実は長くて深い歴史があった。

三愛石油やコカ・ウエストも同根

画像を拡大
三愛が展開する水着ショップ「三愛水着楽園」

その関わりは創業時までさかのぼる。1936年にリコーの前身である理研感光紙を創業した市村清氏が、終戦間もない1945年に設立したのが、現在の三愛にあたる三愛商事だ。社名の由来は、市村氏のモットーである「人を愛し、国を愛し、勤めを愛す」の「三愛主義」から来ている。

市村氏が興した会社は、ほかにも石油卸大手の三愛石油、日本コカ・コーラの西日本担当ボトラーであるコカ・コーラウエストなどがある。これらの企業群は「リコー三愛グループ」と呼ばれており、グループ全体の売上高は約3兆4000億円に上る。

日用品の販売から始まった三愛商事は、1948年に三愛に改組。その後、水着・婦人服へと転身して今の業容になった。その間、リコーの子会社ではないものの資本関係を持ち、歴代社長も多くがリコー出身という時代が続いた。

次ページ三愛が歩んだ激動の歴史
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT