日経平均の「4月高値説」は正しいか?

「日経平均株価」の見方を教えよう

このままモタモタしていると、「力果てて下落が大きくなるパターン」なのかもしれません。アクション映画のシーンで例えると、建物の上から落っこちる際、途中の屋根に捕まり、耐え忍んでいる姿を見ることがあると思いますが、力尽きると落ちてしまいます。今の同社株はそんな状況にあるとみています。

今も快進撃が続いているのなら、こんなに弱い動きになるのか、と考えてしまいます。これは、テクニカルアナリストの「独り言」ですので、どうか過信はしないくださいね。でも、十分な警戒は必要だと思います。

頭に入れておきたい「日経平均83か月周期説」

最後に簡単な株式市場の周期の話をして、終わりにします。日経平均が動く特性のひとつ、クセといってもいいかもしれませんが、「高値から高値までが83カ月前後になる」、「ある底値から83カ月目が高値になる」、というように、83カ月前後で高値か安値を付ける周期性を持っています。

1996年6月高値から2003年4月の底値までがそうでした。例えば、バブル崩壊後の最安値から83カ月目が8月になります。ただ、今の調子からいって、8月まで上昇が続くよりも、その前に天井があって8月まで下落する方がありえそうな動きです。

その前の天井はいつごろでしょうか? 2008年6月の高値から、ちょうど83カ月目が来月の4月です。今はその前後に入っていますから、やっぱり、そろそろ弱気に転じるべきなのです。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 小室淑恵 「覚悟の働き方改革」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT