日経平均の「4月高値説」は正しいか?

「日経平均株価」の見方を教えよう

前回のコラムでもふれたように、米国の利上げの実施時期に加え、その利上げが早まるだろう、と先走って米国の長期金利が急上昇し、米国の株式が大幅に下げることが、この先の最も大きなリスクです。10日の米国市場はまさにそんな状況になりました。

リスクを呼ぶ金利上昇に、ドル買い・円売りが強まることはないでしょう。逆に円高・ドル安によるリスク回避に移っていく、そんな答えが出てくるような気がしています。

「アベノミクス優等生」の富士重工株が将来を暗示?

例えば、昨年まで円安メリット株として注目を集めた、富士重工業(7270)。日経平均が15年ぶりの高値を更新する中、今年に入ってからは下落が続いています。

日経平均に採用されている225銘柄のうち、アベノミクス相場が始まった2012年11月から昨年末までの上昇率では、ミネベア(6479)に次いで、同社株は2番目に大きく上昇しました。その反動で下げているといえばそれまでですが、同社株をみていて、円安=株高にも限界を感じます。ただ、米国では自動車の販売が今もなお快進撃を続け、品薄状態にもあるらしく、その辺がまだ完全に弱気になれない部分だと思います。

では、「会社四季報オンライン」同社の日足チャートでも少し見てみましょう。同社の株価は昨年12月高値4617円を頂点に、現在は「三角もち合い」のようにみえます。

「三角もち合い」は、それまでのトレンドが、その後も続く可能性が高いことを示唆する動きなので、そのとおりに考えると、この先も上昇していくと判断することができるのです。

しかし、ある決められた水準を下回ってしまうと、「天井(株価が上昇から下落に変わるところ)」に変わった、といった見方をします。その決められた水準とは、支持線のことです。同社株の場合、12月17日安値と1月16日安値をつないで延長した線がそうで、になり、今はそこを下回っています。支えられなかったということは、株価の下落のする力のほうが、それよりも強かったからです。

次ページ「日経平均83か月周期説」とは?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT