Amazonで資生堂より無名シャンプーが売れる謎 無名ブランドが勝つのには理由がある

拡大
縮小

しかし、このピクチャリングとは、なにもデザインに限った話ではない。

「オルナオーガニック」の商品名に入った「オーガニック」という言葉は、同時期に売れたボタニカルシャンプーのBOTANISTというメーカーがはやらせた言葉だと筆者は考えている。

オルナオーガニックという商品名は、その“はやり言葉”が入っていることで、うまく認知されているようにも見える。

また、ナイルも商品ページを見ると「濃密泡スカルプシャンプー」とうたっているが、こちらもまた、アンファー社の「スカルプD」という人気キーワードが入っていた。

アンファーが広めたと思われる「スカルプ」という単語を使うことで、消費者にとって馴染みのある商品イメージを醸成しているのである。

“よさそう”から“よいに違いない”に

加えて、こうした“無名メーカー”の購入を後押しするのが圧倒的なレビューの数だ。

Amazonのナイル商品のスクリーンショット

ナイルは点数が4.4でレビュー数が8000以上、オルナオーガニックも点数が3.9で7000以上のレビューが書かれている(2022年10月1日現在)。

Amazonのオルナオーガニック商品のスクリーンショット

ここまでレビュー数が多く、評価が高ければ、「悪いシャンプーであるわけがない」という消費者の印象を醸成することができるだろう。

「なんとくなく、よさそう」というイメージの醸成から「よいに違いない」という判断へ。

両メーカーの動きを見ると、大手メーカーのように数億円をかけた大々的なTVCMを打たずとも、Amazonという特殊な市場では、戦略的にジャイアントキリングが起こせることがおわかりいただけるのではないだろうか。

(構成:鈴木俊之)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
Netflixが日本での「アニメ製作」を減らす事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT