日本人が知らない現代韓国に根づく「ある文化」 駅のホームからプレゼントまで――驚きの背景

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 最新
拡大
縮小
韓国ではどの世代にも「詩」が愛されているそうです(写真:PanKR/PIXTA)
これまでに何度もブームを巻き起こしている韓国ドラマ/映画、そして世界を席捲するBTSをはじめとするK-POPまで、韓国が発信するエンタメやカルチャーはすっかり日本人にもなじみ深いものとなっている。
では、もうひとつのカルチャーの中心である「出版」はどうだろうか。2018年末に日本でも翻訳版が刊行され異例の大ベストセラーとなった『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)など、K文学(K小説)のブームは記憶に新しいが、じつはもうひとつ「韓国といえば…」の表現形態がある。それは「詩」である。
日本では「詩」あるいは「詩集」と言われて、とっさにいくつ思い浮かべることができるだろうか。このたび邦訳版が発売された『愛しなさい、一度も傷ついたことがないかのように』は、人口が日本の約半数の韓国で60万部を突破し、2005年の原書刊行より20年近くにわたって「もっとも売れた詩集」として韓国出版界の歴史に名を残す本である。
韓国ではどの世代にも「詩」が愛されているという。その背景を、韓国語学が専門の辻野裕紀氏に解説してもらった。

芸能界でも続々とファンを生んでいる

『愛しなさい、一度も傷ついたことがないかのように』 (書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

先月、韓国の詩集『愛しなさい、一度も傷ついたことがないかのように』(リュ・シファ編、オレドゥウェンミレ刊)の日本語訳(オ・ヨンア訳)が東洋経済新報社より刊行された。原著は2005年に上梓され、15年以上に亙(わた)って、韓国で多くの人々に賞翫(しょうがん)されてきた珠玉の詩集である。BTSのRMやVが読んだことでも話題となり、IU、コン・ユ、カン・ハヌルなど、芸能界にも愛読者が多いという。

次ページ詩の世界一般への門扉
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT