iPhoneの「気持ちよさ」が、料理さえも変える

インタラクション研究者が描くIoTの未来

IoT的道具が発売されれば、料理中にはかる手間がなくなるかもしれない(「smoon: 計らなくて済むスプーン」より)

モノのインターネット(Internet of Things、IoT)は、2015年のテクノロジー業界、そしてインターネット業界のキーワードとして注目されている。

使うのが「人」だけではなく、機械同士の通信によってネットワークを活用するため、その数は膨大に膨らみ、またあらゆるモノがインターネットにつながる、インターネットデバイスがどこにでもある、という状況が作り出されようとしているからだ。

しかし技術や考え方は、センサーネットワークや、集中管理のそれとあまり変わらない。「IoT」はマーケティング用語としてつけられた、といってもよい。

近年の変化として、インターネットに接続できるデバイスがより安価になったことや、クラウドの活用が進んだこと、人がスマートフォンを持っているため、専用アプリで連携する環境を作りやすくなったことが挙げられる。

認知度の低さとプライバシー

しかしながら、IoTという言葉の認知度はまだ低い。マクロミルの調査(IoT浸透実態×IoT時代のプライバシー意識調査)によると、IoTの認知は9%に留まっており、一般の人々にとってはまだ「キーワード」にはなっていないことがわかる。確かに、IoTによって、具体的に何のメリットが得られるのかが浸透するに至っていないのも事実だ。

この調査はプライバシー意識についても触れられており、ウェブ訪問履歴や顔写真、勤務先や金融情報に関してセンシティブな反応を見せている。

IoTとプライバシーの調査を組み合わせている点も意識するべきだが、IoTによって、センサーやカメラなどの情報が自動的にインターネットを介して収集されること、あるいはこれらが何らかの原因で流出することへの懸念もまた、IoTの認知の拡大に従って大きくなっていくことが考えられる。

次ページIoTは目の前の人の役には立たない?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。