遼太君の悲劇、今度こそ繰り返すな

なぜ大人は子どもの命を守れないのか

また彼はとても人懐こく、当時、島に越してきた40代の女性が寂しそうに佇んでいるのをみて、「一緒に遊ぼう」と声をかけています。川崎でも中学でバスケットボールクラブに入り、夜の公園で大好きなバスケの練習をしていました。

その時に、あの不良グループも同じ公園でバスケをしていたので、一緒に練習するようになったのが、彼らと知り合うきっかけだったそうです。人懐こい遼太君のことです、年上の人とバスケの練習をするのに、なんの抵抗もなかったと思われます。

大人の世界でやくざな人は、カモにする人にほんのわずかな縁を作るか因縁をつけて近づいて「親しくなり」、食い物にするそうですが、この犯人の不良グループの手口は、それにそっくりです。

この種の問題では取り返しがつかなくなったあとでいつも、「事前に食い止める機会が、何度もあった」と指摘されます。

遼太君はグループからの執拗な虐待を受けており、「殺されるかもしれない」と言っているのを聞いた友人の証言があります。その恐怖は本心だったと思います。周囲の人を巻き込まないよう、そして昼夜懸命に働く親にも心配かけないよう、遼太君は、ほとんどSOSを発信しませんでした。

ですが、本当にSOSを発信していなかったのでしょうか。遼太君は2カ月も学校へ行っていません。大好きなバスケットボールクラブにも行かなくなりました。不良グループと一緒に遊んでいるところを、何人もの人が目撃していますし、激しい暴行のあとの大きなアザを、目の下に作っています。気が付かないはずがないように感じられます。

痛ましいイジメを教訓にしない、無能な大人たち

昨年の春に判決が出た2010年の、桐生市の小学生のイジメによる自死事件では、グループで給食を食べることが決まっているのに、フィリピン人を母にもつ上村明子さんは、ずっと一人で食べていました。それがどれほどの精神的な拷問であるか、家族は何度も担任に訴えましたが、改善されませんでした。

明子さんは、彼女の希望通り転校と引越しが父親と約束されたのに、その日まで待てませんでした。事件後校長は、イジメはなかったと言っています。母親にプレゼントするために編んだマフラーで自死した明子さんに、校長は何も感じなかったのでしょうか

次ページ頻発している学校でのイジメ
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地盤沈下に抗う<br>国際金融都市・ロンドンの秘策

強気の姿勢を押し出すジョンソン氏が首相に就任し、「合意なきEU離脱」が現実に迫る金融街シティー。逆境下で推進するフィンテック、グリーンファイナンス、人民元ビジネスの戦略を現地ルポ。イングランド銀行副総裁のインタビューも。

  • 新刊
  • ランキング