北朝鮮「ロシアに兵器は売らない」の本当の意味 ウクライナ戦争で変化するロシアと北朝鮮

拡大
縮小

また、「安保理で北朝鮮の企業や個人の制裁対象指定が議論された際、ロシアはもっぱら中国に歩調を合わせたものの、北朝鮮をひたすら守ろうとしたといったことはほとんどなかった」と古川氏は付け加える。

しかし、「ロシアはそのようなタガが外れたのかもしれない」(古川氏)。ロシアが率先して北朝鮮を擁護する姿勢を見せるようになったのは、現在のロシアにとって北朝鮮が、アメリカを威嚇する有力な材料の一つになっているということだ。

核兵器・ミサイルの開発を急ぐ北朝鮮との関係強化といった「北朝鮮カード」をちらつかせながら、西側と対峙していく可能性が高まっている。

北朝鮮とロシアの軍事的協力を注視すべき

北朝鮮は現在、関係途絶とも言える対米関係を好転させようとはしていない。しかし、いたずらに挑発する意図はなく、今回の談話発表はその延長線上にあるのだろう。とはいえ、自力更生をスローガンに「自衛のための軍事力向上」を掲げる北朝鮮としては、ロシアとの軍事的協力を深めるのは国益にかなっている。

ロシアもウクライナにおける戦局が悪化し、アメリカなどの圧力がより高まった際には、北朝鮮に核・最新兵器開発などの協力を強めるというのも選択肢の一つとなる。北朝鮮ともロシアとも近い日本は、ウクライナ戦争の推移に注視すると同時に、北朝鮮との安保環境もより注意深く見ていく必要がある。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT