くら寿司、「最高益の秘密」はサイドメニュー

年に1000以上のメニューを試作

スイーツで人気の「揚げたて豆乳ドーナツ」

回転すし大手の「くら寿司」を展開するくらコーポレーションが、連続最高益の更新に向けて絶好のスタートを切った。3月4日に発表した2015年10月期の第1四半期決算は、売上高254億円(前年同期比8.8%増)、営業利益14.7億円(同27.7%増)の好決算だった。会社が掲げる前期比3.5%増の純利益31.4億円の計画は控えめに見える。

柱のすしで、まぐろ、かに、ふぐのフェアが効果をあげたこともさることながら、ラーメンやコーヒー、デザート類といったサイドメニューの貢献も大きい。1皿100円のすしに比べると、300円台のラーメンなどサイドメニューには高単価のものも多い。サイドメニューの拡充、浸透に歩調を合わせ、この1月まで客単価は26カ月連続して前年同月を上回って推移し、1000円強にまで達した。

すし店らしからぬメニューが並ぶ

「熟成まぐろ」や「宇和島産のみかんぶり」といったオリジナルのすしだけでなく、くら寿司では「イベリコ豚丼」「揚げたて豆乳ドーナツ」「イタリアンティラミス」など、およそすし店らしからぬメニューも並ぶ。

これは創業者でもある田中邦彦社長の「安くておいしいだけでは飽きられる」との信念によるものだ。すしの新商品だけでなく、専門店に負けないサイドメニューの提供に努めることで、お客様にサプライズを与えて、喜んでもらう。この第1四半期に実施した「トミカ」「リカちゃん」「機関車トーマス」といった人気キャラクターとのタイアップも狙いは同じ。目指すのはすしを軸とした「食のテーマパーク」だ。

ただ、言うは易く行うは難し。くら寿司にしてもサイドメニューを本格投入したのは前々期の2013年10月期から。ここに至るまでには紆余曲折があったようだ。

次ページラーメン店は一度失敗
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT