くら寿司、「最高益の秘密」はサイドメニュー

年に1000以上のメニューを試作

新作の「ガトーフショコラ」。豆腐で作ったカロリー控えめのヘルシースイーツ

こうした商品開発の進展と同時に、出来立ての商品をすぐ提供できるオーダーレーンの配備などインフラが整ったのがちょうど2013年10月期のこと。そこからサイドメニューの本格化が始まった。

年間1000以上のメニューを試作

商品開発では、年間1000種類以上のメニューを試作する。販売に至るのはごく一部だが、それでも売れないメニューも少なくない。ただ、「数多くの商品を試作することで、ノウハウ、商品のパイプラインが蓄積されていく」(IR担当者)。たとえば1月下旬から発売している「赤鶏ゆずうどん」は、店舗で日々とっている魚介の出汁をベースに、それにあう鶏を選び、ゆず風味を組み合わせることで生まれた商品だ。

魚介価格の高騰で回転すし業界を巡る環境は厳しさを増している。こうした中でも、「当社は調達力もあるし、また魚介は値動きも大きいので、お客様に喜んで頂けるよう最適な調達を目指していく」(IR担当者)という。

顧客を飽きさせないよう商品やさまざまな仕掛けを進化させて、「食のテーマパーク」に向けて邁進する構えだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。