福島第一原発の危機、政府・東電への疑念が晴れないこれだけの要因

そして、1号機のような垂直的で上方に生じるのは、「縦向きに長い圧力を持つ」圧力容器のふたが飛ばないと、直後にソニックブームが起きるほどの爆発は起きないという指摘がある。

原子核工学が専門で立命館グローバル・イノベーション研究機構の亀井敬史研究員は、「圧力容器内の圧力上昇と蒸気を抜く作業が追いつかなかったのだろう」と指摘する。冷却水を送り込むためのディーゼル発電機がだめ、別途発電機を用意してから爆発まで約3時間。これだけあれば、圧力容器内の圧力上昇は十分に進むと言う。

福島原発で使われている原子炉は「沸騰水型」(BWR)で、内部の圧力は70気圧が限度。これを超えると圧力容器は破壊される。映像を見る限り「このような空気の圧縮は、水素が漏れて空気と触れて爆発したというような“全方向的な”爆発では生じない。まっすぐ、上に抜けるような空気の動きは圧力容器上部の破壊では」と亀井氏は懸念する。

建屋が破壊されるほどの爆発がわかっていながら、内部の映像がわからず、それを政府がきちんと把握しているのかどうか。放射能で近づけないのか、あるいは隠しているのか。

枝野官房長官は「できるだけ早い情報公開」を口にしているが、肝心な部分が隠されているのではという懸念は、早いだけでは消えない。

また、東電は危機対処のマニュアルをきちんと公開し、「この状態ではこうする、ダメならこうやる」と、状況を小間切れに出すことより、全体の危機管理ラインを出したらどうだろうか。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT