居酒屋は、ワタミよりもコロワイドが有望

ワタミの株主優待アイスとお米の味は?

株式の初心者はピンと来ないかもしれないが、これが、コロワイドのM&A戦略&財務戦略(錬金術)だ。

M&A戦略が巧みなコロワイド

簡単に仕組みを説明すると、コロワイドは業績が悪くなってしまった上場外食企業を買収するのだが、業績が悪いので安い株価で大量に株を発行してその株をコロワイドが引き受けて子会社化し、子会社の不採算店舗を閉鎖、または業態転換して業績回復させ株価を上げて、高い株価で今回のように売り出しして資金を回収するということをやっている。

コロワイドとアトムは、ほかの外食銘柄の優待内容よりも格段にいいのも株価を上げる戦略だと思う。もう10年以上コロワイドの株主だったのであるが、大変賢い戦略だと思う。そういえば、ワタミの有機栽培米の話をしたが、ワタミは北海道産。コロワイドも実際の店舗と株主優待で同じ米を使っているのだが、こちらは福井産のお米を扱っている。自分では、どちらかというと、コロワイドのほうがおいしいと思う。

【 2月21日(土)】午前3時、日経225先物は、60円高の1万8420円。NYダウは、154ドル高の1万8140ドルと2ヵ月ぶり高値。ユーロ圏財務相会合で、ギリシャ支援4ヵ月延長で合意。

【 2月23日(月)】アトムは、14円高の746円と高値引け、藤田観光は20円高の516円で年初来高値更新。日経平均は、134円高の1万8466円と4日続伸。

【 2月24日(火)】2月権利付き最終売買日。日経平均は、136円高の1万8603円と5日続伸。

【 2月25日(水)】午前3時、日経225先物は、20円高の1万8640円。NYダウは、92ドル高の1万8209ドルと史上最高値更新!優待保有銘柄で、本日権利落ちは、ビックカメラ(3048)、DCMホールディングス(3050)、吉野家ホールディングス(9861)の3銘柄。日経平均は、18円安の1万8585円と6日ぶり小反落。

【 2月26日(木)】9時59分、アトム株を772円で500株売り、10時6分、772円で1000株売った。利益確定は、32万3640円(特定口座ベース)。また、13時50分、グローバルダイニング(7625)を50円ストップ高の227円で5000株売り、9万1964円の利益確定。

終値は38円高の215円。若干高価格帯の外食で、景気がよくなってきたから、業績もよくなるだろうと思って買ったのだが、赤字になってしまい、平均買値208円だったものの前日終値177円と15万円も含み損状態だったのだが、一気に解消できてとてもうれしい。

2013年3月も急騰したことがあって、この時期(12月決算企業で3月株主総会)になると上がる習性があるのかな?普段は見ていないが、たまたま気がついて売り注文が出せたのでよかった。日経平均は、200円高の1万8785円と堅調。

【 2月27日(金)】日経平均は、12円高の1万8797円。週間で465円高(2.5%)、月間で1123円(6.3%)も上昇した。

【 2月28日(土)】午前3時、日経225先物は、20円高の1万8840円。NYダウは、GDP下方修正で81ドル安の1万8132ドルで引けた。早いもので、明日から3月、世界同時株高は、まだ続くのだろうか。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。