被ばく関連の医療体制は現状では考えていない--細川厚労相が会見

被ばく関連の医療体制は現状では考えていない--細川厚労相が会見

細川律夫厚生労働相は15日午前に開いた記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所から放射性物質が放出されている問題について、「想定外の事故のさらに想定外の事態。現状では対策は考えていない」と発言した。

最悪の場合、広範囲に渡る被ばく者の発生も懸念される中で、医療行政は万一の事態に備えた対策を、現時点で取っていないことが明らかになった。東京電力や他省庁との協議もしていないという。会見では、輪番停電についても「東京電力社長の会見をテレビで見てはじめて知った」(細川厚労相)など、情報共有の脆弱さが明らかになった。

昨日、輪番停電が関東地方の一部の地域で行われ在宅患者などへの影響が懸念されたが「特に問題は起きなかった」と現状を伝えた。さらに、輪番停電の実施に伴う人工呼吸器を利用する在宅医療患者向けの緊急相談窓口を開設すると発表。本日正午から、関東地方の18カ所の病院で相談窓口が設けられている。

(麻田 真衣=東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。