被ばく関連の医療体制は現状では考えていない--細川厚労相が会見

被ばく関連の医療体制は現状では考えていない--細川厚労相が会見

細川律夫厚生労働相は15日午前に開いた記者会見で、東京電力福島第1原子力発電所から放射性物質が放出されている問題について、「想定外の事故のさらに想定外の事態。現状では対策は考えていない」と発言した。

最悪の場合、広範囲に渡る被ばく者の発生も懸念される中で、医療行政は万一の事態に備えた対策を、現時点で取っていないことが明らかになった。東京電力や他省庁との協議もしていないという。会見では、輪番停電についても「東京電力社長の会見をテレビで見てはじめて知った」(細川厚労相)など、情報共有の脆弱さが明らかになった。

昨日、輪番停電が関東地方の一部の地域で行われ在宅患者などへの影響が懸念されたが「特に問題は起きなかった」と現状を伝えた。さらに、輪番停電の実施に伴う人工呼吸器を利用する在宅医療患者向けの緊急相談窓口を開設すると発表。本日正午から、関東地方の18カ所の病院で相談窓口が設けられている。

(麻田 真衣=東洋経済オンライン)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT