83歳創業者が語る「パタゴニアを売却する」理由 約4300億円相当の資産を2団体に譲渡

✎ 1 ✎ 2
印刷
A
A
パタゴニア創業者、イヴォン・シェイナード
パタゴニア創業者のイヴォン・シュイナード(写真:Natalie Behring/The New York Times)

アウトドア・アパレル・メーカーのパタゴニアを創業してから半世紀、風変わりなロッククライマーでありながら、資本主義に対する型破りな発想で望まぬ億万長者となったイヴォン・シュイナードは、会社を手放した。

シュイナードと彼の妻、そして成人した2人の子どもたちは、会社を売却したり株式を公開したりするのではなく、約30億ドル(約4300億円)と評価されているパタゴニアの所有権を、特別に設計されたトラストと非営利団体に譲渡した。

これらはパタゴニアの独立性を維持し、年間約1億ドルの利益が気候変動対策と世界中の未開発の土地の保護に使用されることを保証するために設立されたものである。

新しい資本主義の形に一石を投じる

億万長者や企業が言う「世界をより良い場所へ」という言葉は、彼ら自身がその解決すべき問題の一部となっていることで虚実となり、世間の目も厳しくなっている。そのような状況の中で、この異例の事態は起こった。

同時に、シュイナードが一族の財産を手放したことは、彼が長年にわたってビジネスの定石を無視し、環境に対して生涯をかけて抱いてきた愛情と一致するものである。

「これが、一部の富裕層と大勢の貧しい人々という構図に終わらない、新しい資本主義の形に影響を与えることを願っている」と、83歳のシュイナードは独占インタビューに答えている。「私たちは、この地球を救うために積極的に活動している人たちに最大限の資金を提供するつもりだ」。

次ページ全株式を2つの組織に譲渡
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT