ダイワ「釣りベスト」が新宿伊勢丹で即日完売の訳

釣りの老舗のアパレル戦略に隠された仕掛け

ファッションのプロたちの間でひそかに話題の、老舗釣りメーカー「ダイワ」のアパレルブランドを知っていますか? (写真:グローブライド)
この記事の画像を見る(5枚)

メンズファッションの聖地「新宿伊勢丹」では、今年2月とあるアパレルブランドのポップアップ(期間限定)ショップに200人近くの行列ができていた。アウトドアテイストのパーカーコートやベストなど並べられた商品は即日完売。4月に立ち上げたECにも注文が殺到し、サーバーがダウンしたほどだった。

「蒸発するように売れ、正直驚いた」と話すのは、このアパレルブランド「DAIWA PIER39(ダイワ ピア39)」を展開するグローブライドだ。

グローブライドの社名より、釣り具メーカー「DAIWA(ダイワ)」のほうがピンとくる人は多いかもしれない。直近5月13日に発表されたグローブライドの2021年3月期決算は、前年比で売上高は13%増、営業利益は前年の36億円から74億円と約2倍に拡大し最高益を更新している。

密閉・密集・密接という「3密」を避けるアウトドアレジャーとして釣りが支持を広げたこと、全世界で自然志向が高まったことを背景に、コロナ禍にあって飛ぶ鳥を落とす勢いの好業績だ。

そんなグローブライドのアパレルが売れている。ワークマン、ユニクロといった勝ち組以外はアパレル不況と言われているのに、なぜ釣り具メーカーの服がヒットするのか。取材をすると、意外な「黒子」のしたたかな戦略が見えてきた。

街着として普段使いできる「フィッシングベスト」

昨春デビューして以来、「ダイワのアパレル、かなりかっこいい」「どういった経緯でアパレル部門がよくなったのか気になる」。SNSでこんな声が上がるようになった。

釣りの老舗メーカーだけでは作りえなかったフィッシングベスト(写真:グローブライド)

ウケる理由は、デザインと機能性にあるようだ。パーカーコートやベストは身幅をゆったりととり、オーバーサイズシルエットで着る。生地は防水透湿素材の「ゴアテックス」で、触ると柔らかい。ジャケットの内側には大小のポケットがつき、手ぶらで街を歩ける感じもいい。デザイナーは、ポケットが多いフィッシングベストからアイデアを得たという。

アパレル以外を本業とする会社が、アパレル事業を立ち上げるのはそう珍しいことではない。だが、釣り具メーカーがアパレルとは意外な感じもする。

東京・東久留米市にあるグローブライドの本社を訪ねると、小林謙一執行役員が迎えてくれた。北海道大学水産学部卒、入社以来通算33年釣り具畑できたが、経営企画室室長を経て今はアパレル部門を統括する。「もともと40、50年前から釣り用のレインウェアは作っていた。でも、ダサかったというか、作業着の感じが抜けなかった」(小林氏)。

次ページ釣り具メーカーがアパレルに力を入れる理由
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT