結婚20年で離婚した妻「一人の家」で夜に思うこと 漫画「人生最大の失敗」(第10話)

✎ 1〜 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 10 ✎ 11
拡大
縮小
『人生最大の失敗』©野原広子/はちみつコミックエッセイ

結婚して二十数年のエリコが選んだのは、ひとりで生きる人生。

人生最大の失敗 (はちみつコミックエッセイ)
『人生最大の失敗(はちみつコミックエッセイ)』(オーバーラップ)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

選んでみてはじめてわかる、喪失感と焦燥感……。

「夫に愚痴っていた友人たちはうまくやっているというのに。私は自分に正直すぎたの……?」

離婚は未来を明るく照らす行為だったのか、それとも老後を棒に振る愚行だったのか?

主人公エリコの本当の「人生最大の失敗」とは、何だったのでしょう……。第25回手塚治虫文化賞短編賞受賞作『消えたママ友』の作者、野原広子さんによる最新作です。

この記事の漫画を読む(15ページ)
野原 広子 イラストレーター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

のはら ひろこ / Hiroko Nohara

作品に『離婚してもいいですか?』『離婚してもいいですか? 翔子の場合』『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』『ママ、今日からパートに出ます! 15年ぶりの再就職コミックエッセイ』『消えたママ友』(以上KADOKAWA)、『今日もあの子の夢を見た』『妻が口をきいてくれません』(以上集英社)、『人生最大の失敗』(オーバーラップ)

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT