小野薬品と塩野義製薬、株価上昇の共通点

がん・エイズ治療薬への期待が膨らむ

現在、小野はBMSと共同で、腎細胞がん、非小細胞肺がん、胃がん、大腸がん、慢性骨髄性白血病など、約20のがん種を対象に、世界で60以上の臨床試験を行っている。

米メルク、英アストラゼネカといった世界のメガファーマも、同じメカニズムを用いた薬の開発に着手。腫瘍免疫と呼ばれるこの新領域で、開発が加速している。

患者数が多いがんに適応が広がると、市場は爆発的に拡大する。シティグループ証券の山口秀丸アナリストは、「腫瘍免疫領域の市場は3兆円になる」と見込む。

塩野義へのロイヤルティは1000億円規模か

オプジーボ単独でのピーク年間売上高は「小野が販売する日本、韓国、台湾合計で1000億円、BMSが販売するそれ以外の地域で7000億円(小野へのロイヤルティ613億円)」(同)と予測。今期の予想売上高が1370億円の小野にとって、オプジーボの登場により、業績は様変わりしそうだ。

一方、塩野義が英グラクソ・スミスクライン(GSK)と共同開発した抗HIV(ヒト免疫不全ウイルス)薬「テビケイ」は、13年以降、欧米や日本などで発売された。各国でほかのエイズ治療薬を上回る急速な立ち上がりを見せ、「発売後の推移は当初の予想を上回っている」(GSK)。耐性ウイルスが出現せずに長期間使える点が、評価されているようだ。2014年のテビケイやその配合剤の売り上げは、世界で3億3900万ポンド(約620億円)に到達。将来は「年間3000億~5000億円規模が視野」(塩野義)の新薬だ。

塩野義はテビケイ類の売り上げに応じたロイヤルティと、10%出資するGSK子会社のViiV社から配当金収入を得る。ロイヤルティ料率は平均で10%台後半、一部地域では20%台前半の契約。単純計算で600億~1000億円規模になりうる。

次ページ初のがん分野で大当たり
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT