エンゼルス売却はビジネス面では理にかなうワケ 大谷を保有し市場価値が最も高いタイミング

拡大
縮小
エンゼルス対レイズ 試合前、昨季ア・リーグMVPの表彰式に臨み、エンゼルスのモレノ・オーナー(左)から祝福される大谷(2022年5月10日撮影)

エンゼルスのアート・モレノ・オーナー(76)が球団の売却先を検討していることが、球団から発表された。今後は新オーナーに球団の所有権を譲り、組織全体で新体制を固めていく。現時点ではすべてが不透明だが、23年オフにフリーエージェント(FA)となる大谷翔平投手(28)の去就に影響することは避けられない。

市場価値が最も高いタイミング

レイズ戦開始6時間前、エンゼルスから驚きの発表があった。球団の所有権を得て20年目のモレノ・オーナーが「難しい決断だったが、よく考え、私と私の家族は最終的に今がその時との結論に至りました」と、文書で売却先の検討に動いていることを明かした。

8月2日の移籍期限を前に守護神を含む主力3選手を放出し、チームは再建へ向けてかじを切った。わずか3週間後、トラウトらスター選手の長期契約や大物FA選手の獲得に決定権があったモレノ氏が、球団売却の方針を打ち出した。今がその時-。二刀流の大谷を保有し、市場価値が最も高いタイミングで球団を手放すこととなった。

移籍期限前から売却を検討していた可能性はぬぐえないが、大谷を放出すれば球団の価値が下がるのは明白だ。14年以来プレーオフ進出を逃しているにもかかわらず、チームの資産価値はメジャー30球団で9位の22億ドル(約2970億円)とされる。米メディアによれば03年、モレノ氏はウォルト・ディズニー社から1億8400万ドル(約248億円)で球団を買収。ビジネス面からは、理にかなう時期と言わざるを得ない。

水面下では新オーナーの有力者と交渉が始まっている可能性もあるが、現時点では球団の行く末も大谷の将来もすべてが不透明。地元オレンジ・カウンティー・レジスター紙は「長期契約を結ぶ前に球団の方向性を知りたい大谷にとっては、新オーナーが決まるまで評価するのは難しい」との見解を示し、一方でCBSスポーツやESPN電子版は、同じく球団売却を進めていたナショナルズが今夏、強打者ソトをパドレスに放出した例を挙げ、トレードの可能性を指摘した。

大谷の年俸は来季以降、大幅増となることが見込まれる。モレノ氏はチームの総年俸が基準額を超えた分だけ課税されるぜいたく税の支払いに消極的な姿勢を示していたが、新オーナーとなれば方針が変わる可能性もある。契約延長か、トレードか、来年オフのFAまで待つか、大谷の先行きが見えない現状でさまざまな臆測が飛び交う。来春にはWBCも開催される。二刀流の去就に影響することは避けられない。

◆アート・モレノ 看板などの屋外広告を扱う「アウトドア・システムズ」のCEO。03年にエンゼルスを購入し、メジャー初のメキシコ系米国人の球団オーナーとなった。20年10月には、エンゼルスタジアムと周辺の土地をアナハイム市から総額3億2000万ドル(約432億円)で購入することで合意していたが、今年5月に市長の汚職が発覚し白紙となった。

(斎藤庸裕)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT