松屋フーズは25店営業停止。計画停電により関東地域の営業停止店舗発生も【震災関連速報】

松屋フーズは25店営業停止。計画停電により関東地域の営業停止店舗発生も【震災関連速報】

牛丼チェーン「松屋」を展開する松屋フーズは、東日本巨大地震を受けて、関連する地域の25店で営業停止している。停止している店舗は、宮城県仙台市、茨城県水戸市が中心。現時点でこれら店舗の営業再開メドは立っていない。

11日の地震発生以降、一時休業していた関東地域の店舗は、現在全て営業を再開した。ただ、今後計画停電が実施されれば、「同地域でも営業停止店舗の発生は避けられない」(松屋フーズ広報)。また、11日の震災発生後の食料不安から、都心の一部店舗では顧客の殺到により、食材切れを起こしている。今後継続的な計画停電の実施で同様の不安が広がることで、営業時間の短縮、営業停止となる店舗の発生も見込まれる。

同社は競合の「すき家」(ゼンショー)、「吉野家」(吉野家ホールディングス)と比べ、都心に店舗が集中していることから、東北地方での被害は、今のところ比較的軽微にとどまっている。

(二階堂 遼馬 =東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • コロナ後を生き抜く
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT