ジャイアントコーンがこんなにも支持される理由 発売60年、コーンアイスの先駆けは細かく進化

印刷
A
A
来年で発売60年となる「ジャイアントコーン」(写真:江崎グリコ)
この記事の画像を見る(8枚)

学校が夏休みに入り、多くの会社がお盆休み(夏季休暇)をとる8月は、アイスクリームが1年で最も売れる時季だ。メーカーの販促活動にも一段と力が入る。

実は、さまざまな食品メーカーを取材すると、各担当者が共通して話す言葉がある。

「最近の消費者は『味で失敗したくない』思いが強く、どんな味かわからない新商品は売れません」

それもあるのか、売れ筋アイスはロングセラーブランドがほとんどだ。上位ブランドや発売年は後述するが、今回は、その中で「ジャイアントコーン」(江崎グリコ)を紹介したい。人気アイスの中でも最古参で、前身の商品(「グリココーン」)の発売は1963(昭和38)年と、来年で60年を迎える。だが、現在も人気が高いのだ。

なぜ、これほど人気が続くのか。ブランドの担当者に取材し、消費者心理も考えた。

累計出荷数「40億本」を達成した取り組み

「『ジャイアントコーン』はナッツなどのトッピング、チョコレート、アイス、コーンなどの多くの素材を組み合わせたアイスで、ザクザク感も特徴です。発売以来の累計出荷数は40億本(※)を突破しました。現在も好調で、調査データではコーンアイスの中で売り上げナンバー1です。一方で、歴史や伝統に甘えるのではなく、さまざまな取り組みもしています」

※江崎グリコの出荷個数 (期間:1963~2020年)

江崎グリコの桑田知佳氏(アイスクリームマーケティング部 ジャイアントコーンブランド担当)はこう話し、近年行った次の取り組みを紹介する。

(1) 「できたて品」をお届け
(2) 「コーンの品質改良」と「チョココーティング」
(3) 「しあわせのチョコだまり」の誕生

それぞれ簡単に説明してもらった。

「『できたて品』は、それまで工場関係者しか知らなかった『できたてならではの美味しさを楽しんでいただきたい!』と思い、始めたものです。不定期になりますが店頭販売やキャンペーンなどで、製造10日以内の商品となる『できたて品』をお届けしています」(同)

次ページ「昔と変わらない味」ではなく「昔ながらの味」
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT