「花燃ゆ」が見習うべき、2つの女子ドラマ

「花より男子」と「篤姫」に成功のヒントあり?

朝ドラは、もともと高齢者の女性視聴者がついている枠に、若めの女性視聴者を取り込むということに成功しました。つまり同じ女性ターゲットであることは変わらないわけです。

ところが、今回は男性枠に女性を足そうとして、両方に満足してもらえるようなドラマにしたいと考えた。ここに無理がありました。

実際、「花燃ゆ」についても、番宣やキャッチコピーにかなりの拒否反応を示した固定客がいました。

そうなると、思いっきり女性ターゲットにするわけにもいかず、固定客を満足させるような「史実に忠実な大河ドラマ」へと軌道修正されていくことになります。つまり、当初、狙っていたはずの「花より男子」のようなフィクションドラマができなくなってしまうのです。

歴史を忠実に描いていいのは、信長クラス

歴史を忠実に描こうとするとどうなるか。ドラマが教科書のようになります。史実を追うのに精いっぱい。歴史番組をドラマで再現したような内容になるのはそのためです。

このフォーマットがはまるのは、「織田信長」「豊臣秀吉」「徳川家康」など、本人が激動の人生を生きて、なおかつ、記録がたくさん残っている有名人のみ。

ところが毎回、「織田信長」ばかりをやるわけにはいきません。そこでマイナー主人公を発掘することとなりますが、結局、記録が少ないので、周りの人たちばかりを描くことになる。特に女性は、ほとんど記録が残っていないので、教科書ドラマの主人公にはなりえないのです。

昨今の大河ドラマを分析してみると、視聴率を上げようと、①新たな女性視聴者への訴求、②かつての大河ファンへの訴求――の両方に取り組んでいるのが、とてもよくわかりますが、残念ながら、「史実の壁」が立ちふさがり、負のスパイラルに陥っているように見えます。

①新たな視聴者層を取り込みたい
視聴者の高齢化に伴い、視聴率低下
→ 女性、若めの視聴者を取り込もうとする
→ 固定客(特に歴史ファン)からクレーム
→ クレームに負けて、軌道修正
→ 歴史を追うだけの教科書ドラマとなる
→ 視聴率低下
次ページ見たいのは「成り上がり」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT