北朝鮮が気勢、「米国の敵視政策を断固粉砕」

<動画>故金正日総書記の生誕73年で花火

提供:ロイター

北朝鮮・平壌では2月15日、翌日に生誕73年を迎える故金正日総書記を称揚する中央報告大会が行われた。

この場で、朝鮮労働党の崔竜海書記が金正恩第1書記を中心とした「唯一指導体系」の確立と体制への忠誠を呼び掛け、1月末に経済制裁を強化した米国に対しては、「われわれは米国の敵視政策を断固粉砕する」と、戦意の高さを強調した。

そして時計の針が2月16日の月曜日を指した瞬間、誕生日を祝う花火が平壌のスカイラインを明るく照らし出した。動画はその花火の模様を伝えたものだ。このように、北朝鮮の暦では、記念日や誕生日は大切なマイルストーンである。建国の父・金日成主席の4月15日の誕生日は最大の祝日であり、軍事パレード、マスゲームなどが行われる。

しかし、現在の指導者である金正恩の誕生日は、どうやら機密事項らしい。1984年の1月8日が誕生日とされているが、公式の祝賀行事は明らかにされていない。また、誕生日について触れるような公式な発言もなかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT