北朝鮮が気勢、「米国の敵視政策を断固粉砕」

<動画>故金正日総書記の生誕73年で花火

提供:ロイター

北朝鮮・平壌では2月15日、翌日に生誕73年を迎える故金正日総書記を称揚する中央報告大会が行われた。

この場で、朝鮮労働党の崔竜海書記が金正恩第1書記を中心とした「唯一指導体系」の確立と体制への忠誠を呼び掛け、1月末に経済制裁を強化した米国に対しては、「われわれは米国の敵視政策を断固粉砕する」と、戦意の高さを強調した。

そして時計の針が2月16日の月曜日を指した瞬間、誕生日を祝う花火が平壌のスカイラインを明るく照らし出した。動画はその花火の模様を伝えたものだ。このように、北朝鮮の暦では、記念日や誕生日は大切なマイルストーンである。建国の父・金日成主席の4月15日の誕生日は最大の祝日であり、軍事パレード、マスゲームなどが行われる。

しかし、現在の指導者である金正恩の誕生日は、どうやら機密事項らしい。1984年の1月8日が誕生日とされているが、公式の祝賀行事は明らかにされていない。また、誕生日について触れるような公式な発言もなかった。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。