日本の火山を科学する 神沼克伊、小山悦郎著

日本の火山を科学する 神沼克伊、小山悦郎著

日本列島には、活火山に分類される火山が108ある。活火山は「おおむね過去1万年以内に噴火した火山および現在活発な噴気活動のある火山」と定義される。北海道から九州まで広く分布しているが、本州西部と四国には島根県、山口県以外に活火山はほとんどない。

最近爆発的な噴火を起こした新燃岳は、宮崎・鹿児島県境の霧島山系にあり、ここ90年以上沈黙している御鉢(高千穂峰の側火口)と、活動が交互に活発化する傾向がある。1959年の噴火を契機に、近隣に東大の火山観測所が開設された。

「天気予報のように火山噴火は予知できない」としつつも、地球科学の視点から日本の火山を解説する。

サイエンス・アイ新書 1000円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?