日本の火山を科学する 神沼克伊、小山悦郎著

日本の火山を科学する 神沼克伊、小山悦郎著

日本列島には、活火山に分類される火山が108ある。活火山は「おおむね過去1万年以内に噴火した火山および現在活発な噴気活動のある火山」と定義される。北海道から九州まで広く分布しているが、本州西部と四国には島根県、山口県以外に活火山はほとんどない。

最近爆発的な噴火を起こした新燃岳は、宮崎・鹿児島県境の霧島山系にあり、ここ90年以上沈黙している御鉢(高千穂峰の側火口)と、活動が交互に活発化する傾向がある。1959年の噴火を契機に、近隣に東大の火山観測所が開設された。

「天気予報のように火山噴火は予知できない」としつつも、地球科学の視点から日本の火山を解説する。

サイエンス・アイ新書 1000円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT