科学コミュニケーション 理科の<考え方>をひらく 岸田一隆著

科学コミュニケーション 理科の<考え方>をひらく 岸田一隆著

科学の専門家と一般の人とをつなぐ「科学コミュニケーション」という試みが世界で広がっている。なぜ今、科学と向き合う必要があるのか。

著者は「人類が未来の社会で共有すべき価値観にとって科学が重要な役割を果たす」からだと指摘する。山積する難題を解決するには人類共通のコンセンサスが必要であり、そこには科学的に正当な価値判断が求められる。

友人が地下鉄サリン事件の加害者になったことをきっかけに、科学と人類について見つめ直したという著者。知識の伝達だけでは価値観の差は埋まらないと、持続可能な社会に向けて「共感のコミュニケーション」という観点から日本人と科学コミュニケーションのあり方について考える。

平凡社新書 798円

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。