科学コミュニケーション 理科の<考え方>をひらく 岸田一隆著

拡大
縮小
科学コミュニケーション 理科の<考え方>をひらく 岸田一隆著

科学の専門家と一般の人とをつなぐ「科学コミュニケーション」という試みが世界で広がっている。なぜ今、科学と向き合う必要があるのか。

著者は「人類が未来の社会で共有すべき価値観にとって科学が重要な役割を果たす」からだと指摘する。山積する難題を解決するには人類共通のコンセンサスが必要であり、そこには科学的に正当な価値判断が求められる。

友人が地下鉄サリン事件の加害者になったことをきっかけに、科学と人類について見つめ直したという著者。知識の伝達だけでは価値観の差は埋まらないと、持続可能な社会に向けて「共感のコミュニケーション」という観点から日本人と科学コミュニケーションのあり方について考える。

平凡社新書 798円

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT