戦争と日本人 テロリズムの子どもたちへ 加藤陽子、佐高信著

戦争と日本人 テロリズムの子どもたちへ 加藤陽子、佐高信著

日本の近現代史を振り返ったとき、未熟な者たち=「子ども」が現実に対する義憤や短慮によって早まって事を起こし、その結果、歴史が本来必要とした「大人」がテロやクーデターで失われてしまった事実を、副題によって指し示す。原敬暗殺事件しかり、5・15、2・26両事件しかり、そのほかにも若者による政治家・思想家を狙ったテロは少なくない。こうした歴史的事実を重層的に見ることの大切さを語りながら、軽挙妄動しない子どもたちをいかに育てるかが、大いなる「非戦の思想」につながると論じている。

著書『それでも日本人は「戦争」を選んだ』がロングセラーになっている歴史学者に、「辛口評論」で知られる評論家が挑んだ対論集。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT