戦争と日本人 テロリズムの子どもたちへ 加藤陽子、佐高信著

戦争と日本人 テロリズムの子どもたちへ 加藤陽子、佐高信著

日本の近現代史を振り返ったとき、未熟な者たち=「子ども」が現実に対する義憤や短慮によって早まって事を起こし、その結果、歴史が本来必要とした「大人」がテロやクーデターで失われてしまった事実を、副題によって指し示す。原敬暗殺事件しかり、5・15、2・26両事件しかり、そのほかにも若者による政治家・思想家を狙ったテロは少なくない。こうした歴史的事実を重層的に見ることの大切さを語りながら、軽挙妄動しない子どもたちをいかに育てるかが、大いなる「非戦の思想」につながると論じている。

著書『それでも日本人は「戦争」を選んだ』がロングセラーになっている歴史学者に、「辛口評論」で知られる評論家が挑んだ対論集。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT