戦争と日本人 テロリズムの子どもたちへ 加藤陽子、佐高信著

戦争と日本人 テロリズムの子どもたちへ 加藤陽子、佐高信著

日本の近現代史を振り返ったとき、未熟な者たち=「子ども」が現実に対する義憤や短慮によって早まって事を起こし、その結果、歴史が本来必要とした「大人」がテロやクーデターで失われてしまった事実を、副題によって指し示す。原敬暗殺事件しかり、5・15、2・26両事件しかり、そのほかにも若者による政治家・思想家を狙ったテロは少なくない。こうした歴史的事実を重層的に見ることの大切さを語りながら、軽挙妄動しない子どもたちをいかに育てるかが、大いなる「非戦の思想」につながると論じている。

著書『それでも日本人は「戦争」を選んだ』がロングセラーになっている歴史学者に、「辛口評論」で知られる評論家が挑んだ対論集。

角川oneテーマ21 760円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。