グレート・リセット リチャード・フロリダ著/仙名紀訳

グレート・リセット リチャード・フロリダ著/仙名紀訳

リーマンショック以降、時代をとらえる言葉として、「ニューノーマル」が米国ですっかりキーワードになった。「新しい現実」「新たな常識」「新世界」などと翻訳されるが、本書の著者は、その動きに新たなライフスタイルの始まりを見る。

中でも危機の震源の金融について、「マネーゲームと真の富を生む方策を混同」と判断。すでにハーバード大学では、卒業生に金融やコンサル業界を敬遠する動きが見られ、2009年には入社比率がともに半減。その一方で、ヘルスケアや教育関連はほぼ倍増したことに、将来をうかがう。

ただし、変化は一気に、とはいかないという。タイトルにある「グレート・リセット」は3回目で、大恐慌を含む前2回は回復に20~30年ほど必要だったとして、「クリエイティブ階層」が主役のニューノーマルが根付くのにも、その程度の年数が必要と見通す。

都市経済学者が刺激的な社会・経済再生の具体的展望を展開する。

早川書房 2415円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。