グレート・リセット リチャード・フロリダ著/仙名紀訳

グレート・リセット リチャード・フロリダ著/仙名紀訳

リーマンショック以降、時代をとらえる言葉として、「ニューノーマル」が米国ですっかりキーワードになった。「新しい現実」「新たな常識」「新世界」などと翻訳されるが、本書の著者は、その動きに新たなライフスタイルの始まりを見る。

中でも危機の震源の金融について、「マネーゲームと真の富を生む方策を混同」と判断。すでにハーバード大学では、卒業生に金融やコンサル業界を敬遠する動きが見られ、2009年には入社比率がともに半減。その一方で、ヘルスケアや教育関連はほぼ倍増したことに、将来をうかがう。

ただし、変化は一気に、とはいかないという。タイトルにある「グレート・リセット」は3回目で、大恐慌を含む前2回は回復に20~30年ほど必要だったとして、「クリエイティブ階層」が主役のニューノーマルが根付くのにも、その程度の年数が必要と見通す。

都市経済学者が刺激的な社会・経済再生の具体的展望を展開する。

早川書房 2415円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。