亜米利加ニモ負ケズ アーサー・ビナード著

亜米利加ニモ負ケズ アーサー・ビナード著

「越境文学」を代表する作家によるエッセイ集で、言語、文学、風物、社会から国民性に至るまで、軽妙な筆致でつづられた日米中心の比較文化論。日本語を自家薬籠中のものとした著者ならではの着眼とうんちくによって、ウィットと詩情を交えながらの厳しくも柔らかな批評の世界が広がる。日本と英米の小説や詩などが具体的に比較されることで、原作品の特徴と国民性がより浮き彫りとなる事例の数々も面白い。

母国に愛着を感じつつもその外交政策が犯した過ちには容赦がないし、日本が古き良きものを捨てアメリカ型合理主義社会へと変容していくことへの疑問など、文明批評としても鋭い。とはいえ、視点の温かさこそが本書の身上で、随所でクスリとさせられるレトリックとユーモア感覚は卓抜である。「日本語」と「英語」の言葉の海に遊びながら、物事をしっかり見つめるためのヒントがそこにはある。書名は宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」から。(純)

日本経済新聞出版社 1785円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT