日本語の古典 山口仲美著

日本語の古典 山口仲美著

日本語学者である著者が古典文学を解説しながら、その面白さと古典を読むことの大切さを説く。取り上げるのは、奈良時代の『古事記』から、江戸末期の『春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)』まで30作品。

作品ごとに一つのテーマを設け、その魅力を抽出していく。『竹取物語』なら、かぐや姫が粗野な言葉遣いなのはなぜか。『平家物語』では、武士たちの最期に死の美学を見る。『東海道中膝栗毛』では、庶民の心をとらえたわけを探る。

「言霊(ことだま)信仰」の残っていた奈良時代から、文学作品が商品として流通するようになった江戸時代までの作品を、年代順で読み解いていくことによって、日本語や生活習
慣、さらにはものの考え方の変化の過程を浮き彫りにする。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。