日本語の古典 山口仲美著

日本語の古典 山口仲美著

日本語学者である著者が古典文学を解説しながら、その面白さと古典を読むことの大切さを説く。取り上げるのは、奈良時代の『古事記』から、江戸末期の『春色梅児誉美(しゅんしょくうめごよみ)』まで30作品。

作品ごとに一つのテーマを設け、その魅力を抽出していく。『竹取物語』なら、かぐや姫が粗野な言葉遣いなのはなぜか。『平家物語』では、武士たちの最期に死の美学を見る。『東海道中膝栗毛』では、庶民の心をとらえたわけを探る。

「言霊(ことだま)信仰」の残っていた奈良時代から、文学作品が商品として流通するようになった江戸時代までの作品を、年代順で読み解いていくことによって、日本語や生活習
慣、さらにはものの考え方の変化の過程を浮き彫りにする。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT