パナソニック、社債4000億円で成長投資

9カ月累計営業益は10%増の2902億円

 2月3日、パナソニックが発表した2014年4―12月期の連結業績(米国会計基準)は、売上高が前年比0.7%増の5兆7193億円、営業利益が同10.3%増の2902億円だった。写真は都内の家電量販店。2014年7月撮影(2015年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 3日 ロイター] - パナソニック<6752.T>が3日発表した2014年4―12月期の連結業績(米国会計基準)は、売上高が前年比0.7%増の5兆7193億円、営業利益が同10.3%増の2902億円だった。

通期は営業利益3500億円の予想を維持。同日、来期以降の戦略投資に向けて4000億円の普通社債の発行登録を決議した。

為替の影響を除いた実質売上高は、 前期のプラズマテレビ撤退や半導体売却、 液晶テレビの販売減などで減少したが、円安で連結売上高は前年並みを確保した。

テレビ事業の赤字は続いたが、注力している車載と住宅関連事業が利益をけん引。9カ月累計の営業利益率は、16年3月期目標の5%を超えた。当期純利益は、前期に年金制度変更で特別利益を計上した反動で、同42.2%減の1404億円だった。

「構造改革やり切る」

パナソニックは14年度で構造改革を「完遂」する方針。記者会見した河井英明専務は「今期で構造改革をやり切って来期以降しっかり改善する」と述べた。今期の構造改革費用900億円は「それより大きくなるくらいにやり切る」と強調した。

テレビ事業の赤字は今期も残るが、海外のテレビ工場は中国の撤退を決めており、米国向けテレビを生産するメキシコ工場も「さまざま検討している」(河井専務)とした。

次ページ戦略投資の原資に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。