「瓶詰めサラダ」がこんなにも注目される理由

米国発の新世代フード、日本でもブームに

見た目もかわいらしいため、若い世代の女性を中心としてブームの兆しを見せている(写真:ブルックリンジャーレシピ/ミスタードーナツ)

米国・ニューヨーク発で、日本でもジワジワ人気を呼んでいる、そんな新世代フードをご存じだろうか。その名も「ジャーサラダ」。野菜をはじめとする食材をガラス瓶(ジャー)に詰めて作り置きするサラダのことだ。

食材をガラス瓶に詰めて密封することで新鮮な状態が長く保たれ、モノによっては冷蔵庫に入れて1週間後に食べることも可能になるという。もともとは、米国・Ball社製のガラス瓶「メイソンジャー」で作られていたため、「メイソンジャーサラダ」などと呼ばれることもある。

ジャーサラダは密閉のできるガラス瓶であれば、基本的に種類を問わず作ることができる。持ち運びができ、見た目もかわいらしいなどといったメリットもあり、持ち寄りパーティーのひと品としても活躍しているようだ。

メジャーな女性誌が特集記事を掲載

そんなジャーサラダは、忙しいニューヨーカーたちの間で大流行。それが日本にも波及し、若い世代の女性を中心としてブームの兆しを見せている。30代向けの女性誌『VERY』(光文社・1月7日発売)の2月号では、「平日5日分を作り置き!“メイソンジャーサラダ”レシピ」というタイトルで計3ページの特集記事を掲載。大型書店では、『ジャーで楽しむ毎日のサラダ』(洋泉社)や『メイソンジャーを楽しむ100のアイディア』(ネコ・パブリッシング)などのタイトルの本が、目につく場所に積まれている。

ミスタードーナツもこのブームをにらんでか、「ブルックリンジャー」と呼ぶ瓶を1月7日に発売。好評のためすでに販売を終了したものの、ホームページにはサラダをはじめとして、ブルックリンジャーを使った商品のレシピが掲載されている。また、一般女性の間ではインスタグラムやブログなどで、この商品を購入した写真が次々とアップされている。

次ページジャーサラダの作り方は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT