「奨学金290万円」女性、年収120万円での返済生活 非常勤講師を経て正規雇用も、パワハラで退職

✎ 1〜 ✎ 16 ✎ 17 ✎ 18 ✎ 最新
拡大
縮小

「奨学金を借りて大学に行けたことは、本当に良かったと今でも思っています。大学ではいろんな地域から来た、いろんな考え方の学生に出会えて、広い世界を知れて、いろんな生き方ができるということを学べました。

奨学金制度がなかったら、資格も何もない状態で高卒で就ける仕事だけをして、必然的に学士の人たちとの接点もないまま、地元の狭い世界の中にいたのだと思います。

私は奨学金の存在を教えてもらって『知ること』ができた。未成年のうちは親の扶養ですが親を変えることはできないので、『知ること』ができれば環境を変えられるチャンスがあるっていうことを、今の中高生たちには覚えていてほしいですね」

苦労も今は糧に変えている

他方で、三宅さんは過去に体験してきた貧乏、病気、パワハラといった苦労も、少しずつ糧に変えていっている。

画像をクリックすると本連載の過去記事にジャンプします

「今、占い師の仕事をしていて思うのは、『みんな、自分より幸せな人の話には聞く耳を持たない』ということ。

いくら親身にアドバイスをしても『あなたは私みたいな大変な経験してない!』と言い返されることは、占い師にとってはよくあることなんです。

でも、私は一通りの不幸を体験したことで話に説得力があるみたいで、『三宅さんができるなら、私もできるのかも……』というように、前向きになれるスイッチを入れてあげられる。今となっては、過去の不幸も利点になっているのかなと思いますね」

そもそも、親友がカウンセリングしてくれて……というのも、元はと言えば大学に行ったからこそ起きた出来事。彼女にとって、奨学金は学費であると同時に、ある意味では、治療費でもあったのかもしれない。

本連載「奨学金借りたら人生こうなった」では、奨学金を返済している/返済した方からの体験談をお待ちしております。お申し込みはこちらのフォームよりお願いします。
千駄木 雄大 編集者/ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

せんだぎ・ゆうだい / Yudai Sendagi

編集者/ライター。1993年、福岡県生まれ。奨学金、ジャズのほか、アルコール依存症に苦しんだ経験をもとにストロング系飲料についても執筆活動中。奨学金では識者として、「Abema Prime」に出演。著書に『奨学金、借りたら人生こうなった』(扶桑社新書)。原作に『奨学金借りたら人生こうなる!?~なぜか奨学生が集まるミナミ荘~』がある。

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT