アイスが3月値上げ、市場拡大に冷や水

メーカーはシニア層向けに高品質で勝負

3月に値上げされる商品の一部。アイス市場は拡大中だが、原料価格の上昇が逆風

真冬でも、なぜかこたつで温まりながら食べたくなるアイスクリーム。商品の入れ替えに合わせて3月から、大手各社がアイスの値上げに踏み切る。

背景にあるのは、原料価格の上昇だ。乳業メーカー各社は2014年も、同様にチーズやバターの値上げをせざるをえなかった。

アイスには、脱脂粉乳やクリームといった乳製品のほか、チョコレートや砂糖などさまざまな原料が使われる。

円安が原料価格を押し上げ

主原料の一つである海外産乳製品の輸出国は、酪農が盛んなオセアニアや米国に限られている。一方、中国を中心とした新興国の経済発展に伴って需要が高まり、取引価格は上昇傾向にあった。

だが昨年以降は一転、相場の下落が続いている。「在庫に余剰感が出た中国で需要が鈍ったことと、ロシアが欧米からの輸入を(制裁のために)停止したことで価格が大幅に下落した」(伊藤忠商事の山中健盟・乳製品課課長)。実際、脱脂粉乳の国際取引価格は、2014年1月に1トン当たり約4000ドル台半ばだったのが、今年1月には約2400ドルへ下落した(フォンテラのグローバル・デイリー・トレード)。

ただ昨今の円安が相場下落分を一部相殺してしまっている。さらに今後、在庫が一巡した中国の旺盛な需要が復活し、ロシアの禁輸も解除されれば、「相場はまた上がってくるはず」(山中課長)。

次ページアイス販売額は3割増
人気記事
トピックボードAD
  • グローバルアイ
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
トヨタとソフトバンク<br>入り乱れる異業種連携

「モビリティサービス会社に変わる」宣言をしたトヨタ自動車が、常に先を行くソフトバンクに頭を下げた。世界企業の合従連衡を1枚で表した「自動車・IT業界地図」に崩れる垣根が一目瞭然。