「外資のカネ」だけじゃJリーグ活性化は困難

<動画>「ドングリの背比べ」を終わらせるには?

夏野氏は、Jリーグがこれまでのやり方を変えるべきポイントの一つとして、チームの外国人枠の制限を挙げる。「おカネだけで解決できない問題も多い。結果、日本サッカーは世界的に見れば弱いわけで、これでは試合が面白くないし、お客さんも入らない」(夏野氏)。

日本にももっと競争原理を

外資マネー規制や外国人枠の問題は、サッカーの本場でもある欧州でも活発に議論されているテーマだ。そしていずれの課題についても、基本的には規制緩和の大きな方向性の中にあると言える。

「ドングリの背比べのような、20世紀型の考え方よりも、強いものが勝つ、弱いものが負ける、でも弱いものだっておカネをかければ勝てるようになるかもしれない、日本もそういうシステムでいいじゃないか」(夏野氏)。競争原理を働かせることで、Jリーグのチームをもっと強くしていってほしいと訴えた。

音量にご注意ください
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。