頭のいい子が育つ「図形・空間認識」パズル3選 「イメージする力」の差が学びにさらに差を生む

印刷
A
A
答え

真上からの図を見て、林立するビルを想像できるか、という問題です。「Gが左、Fが右に見えて、真ん中にEってことは……」と理詰めで考えると同時に、頭の中に映像化した上で、問題の図と比べて決定します。

この能力は、地図を読み解くときにとても役に立つものです。カーナビ上に表示されるコンビニが、これから通る道路の左右どちらにあるのか子どもに読み取ってもらう。あるいは、電車でどこかに行くとき、車窓から海を眺めるにはどちら側に座ればよいか考えてもらう。日常の子どもとのコミュニケーションの中に、この能力への関心を育む機会はたくさんあるでしょう。 

第3問
布に針を通して、ぬい目を入れました。
以下の文の( )に入るものを①~④の中から選んでください。
「表から見ると(  )、裏から見ると(  )のようにぬい目が入っています」
ただし、大きい黒丸は針が最初に入ったところ、小さい黒丸は針が最後に出たところです。

抽象的な思考だけで解くのはかなり困難

答え
「表から見ると( ② )、裏から見ると( ④ )のようにぬい目が入っています」

シンプルですが、やってみると難問であることがわかります。抽象的な思考だけで解くのはかなり困難で、多くの人は具体的に状況を想像する必要があるでしょう。特に、「裏」の場合、反転させる状態をしっかり「動く映像」として想像できないと、描ききれずに困ることになります。また、裏面のどこに糸が見えるのかも、想像する必要があります。

『考える力がつく算数脳パズル なぞぺー① 改訂版』(草思社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

②は、問題の図を、布の面に垂直な線を軸に180度回転させた図になっています。④は長辺に平行な線を軸にして、反転させたもの。

苦手ならば、この場合も、やってみることが近道です。実際に布をぬってみると納得できるでしょう。

先に述べたように、図形・空間の問題は、できる人には当たり前でも、できない人にうまく教えづらいものです。このため、子どもが解けないでいると、つい、「何でわからないの」とネガティブな言葉をかけてしまいがちですが、それではせっかく芽生えかけた興味の芽を摘み取ることになってしまいます。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT